個人情報の保護に関する法律に基づく公表事項

作成日 2005年10月16日

Essay Libraryは、「個人情報の保護に関する法律」(以下「法」といいます)に基づき、以下の事項を「公表」します。 なお、Essay Libraryと会員との個別の契約または規約において本公表事項と異なる定めをしている場合は、個別契約の内容を優先します。 個人情報の利用目的の公表に関する事項 会員及から直接書面に記載された個人情報を取得する場合は、その都度、利用目的を明示致します(法第18条2項)。 それ以外の方法で個人情報を直接取得する場合、又は間接的に個人情報を取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取り扱わせて頂きます(法第18条1項)。

 個人情報の類型 利用目的

(1) 氏名、住所、E-MAILアドレス、生年月日、性別、血液型、電話番号、職業等

エッセイの購入者がエッセイについての問い合わせ・購入を行う際にして、Essay Libraryがその連絡先・郵送先を知るため(氏名、住所、電話番号、E-MAILアドレス)

エッセイの提供者がエッセイの提供を行う際にして、Essay Libraryがその連絡先を知るため(氏名、E-MAILアドレス)

エッセイの提供者に、エッセイ提供の御礼を支払いを行う際にして、Essay Libraryがその口座番号を知るため(口座番号)

エッセイの購入者が、自らの職業に近いエッセイ提供者の書いたエッセイを希望するため(職業)

エッセイの提供者が、自らの職業に近いエッセイを求める購入者に情報提供するため(職業)

利用者の動向調査、市場分析を行うため

Essay Libraryからの広告、イベント、特典その他の情報の通知するため

その他、Essay Libraryが利用契約上の義務を履行し、権利を行使するため

(2) お問い合わせ、要請、意見、苦情情報

利用者の要望、意見をサービスに反映させるため

Essay Libraryの業務改善、不備の改善を行うため

(3) Cookie(クッキー)情報 ※

利用者がEssay LibraryのWebページにアクセスしたときの閲覧や入力を支援するため

※ Cookie(クッキー)とは、Webを訪れた事実などを記録するもので、ログイン時の再入力の手間を省くことなどができるものです。

 保有個人データに関して「本人の知り得る状態」に置くべき事項(法24条1項)

Essay Libraryの「保有個人データ」の「利用目的」は、上記1.の利用目的と同様です。

 個人情報の「第三者提供」について(法23条1項)

Essay Libraryは、会員より取得した個人情報を適切に管理し、法令で許された場合(法23条2項ないし4項)を除き、あらかじめ会員の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし、次の場合は除きます(法23条1項但書)。

法令に基づく場合。

人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

 「苦情」の受付窓口に関する事項(法24条1項4号、施行令5条、法31条)

Essay Libraryの個人情報の取扱に関する苦情については、下記までお申出下さい。なお、訪問によるお申出はお受けかねますので、その旨ご了承賜りますようお願い申し上げます。

E-mail: contact@essaylibrary.net
以上(2005年10月16日現在)